IMG_3153.JPG

2015 12.15

ジャンル:カープファン・ファン

広島に引っ越して来る時、友人達が口々に言った。


映画のイメージかもしんないけど、喋り方はあのまんまらしいし、お前広島行ったらきっと怖い目合うぞー!


そうなのかなあ、と元々風来坊の自分だから深刻に考えることもなく、いそいそとまるでいつもの旅に出るみたいにパッキンして引っ越してきたのが、16年前。


さていざ広島に来てみると、おや?聞かされていたほど広島弁は怖くない。


そうなんよー知らんのんよー!


ほんわか美人の広島女子の語尾には よー がついてて激萌えしたし、


わしそういうこと知らんのんじゃー


とキリッとした眉毛で話す広島仙人、いや広島男子の語り口は、坊やがいい子でネンネしそうだし、


じゃけぇたわんのんよ!たわんのんじゃけそれはやく!


と仕事机にネタで置いていたマジックハンドを指差す同僚は椅子に乗ってつま先で立ちながらキーキーわめくし(もちろんこちらは、何の話かわからなくてぽかんとしたままだが)


おやまあ、なんと広島弁は愛らしい言葉であることか。


・・・と、思えたのは、

そう、その日までだった。


真面目でほんわか広島人。


それは即ち日々抑圧された思いの全てを、カープへの応援で解き放つからに他ならない。


ところがどっこい。


なんだか勝てないカープ、鯉の季節までカープ、優勝パレードなにそれ美味しいのカープ。


カープが逆転負けしたらしいその日のバスは、あの映画そのものの地獄絵図だった。


「あいつぁ何考えとんかのぅ、なんであんな球出すんじゃあ。」

「そもそも監督がいけんのんじゃ。なん考えよんじゃ、わしが行って首絞めたる。」


赤のカープユニフォームでオシャレに決めたカープ女子も


「あたしぁ見損なったけぇね、もう応援しちゃらんけぇね、ぁあ?みとられんわあんなん。子供でも取れる球落とすとか何考えとんじゃあ!」


バンバンバンバン、メガホンで座席を連打する極道の妻状態。

ヒィィ、怖い、早く降ろしてこのバス降ろして。助けてお母さん怖い人のバスのっちゃったよぅ 泣

見れば顔を赤くしたカープファン同士が意気投合して片足を座席にあげて息巻いている。


「にぃさん、あんたぁ今日のあの登板どーおもう!」

「わしゃあ厳しいけえのう、ありゃあまだ力が足りんのじゃああ」

「わしらが乗り込んでって、直に教えてやらんといけんのぅ」


チャララー

チャララー


明らかにバックであの名曲が、流れている。

お父さんお母さん本当でした、

広島、怖いとこでした、カープが負けた日には。・゜・(ノД`)・゜・。


パソコン室での授業のたびに、教師席のモニターで

「 8番機、カープの選手一覧見ないで課題やりなさーい」

と注意したり

えらいピンコンピンコンLINEが来ると思ったら、サークルの板が一面偶然街で出会ったカープ選手の写真だったり

子供がカープ坊をかぶっていただけで、なんだか次々お菓子をもらったり


カープファンの皆さん、

私は東京生まれなので、基本はあなたたちの大っ嫌いなあのチーム贔屓なのかもしれません

でも、でも


私はカープファンの、ファンです。


あんなに普段物静かで我慢強いあなたたちが

一丸となって球場を真っ赤に染めて声を張り上げ

時には飛び跳ねて喜び

時には拳をあげて悔しがり


私はそんなあなた方のファンで

そんなにあなた方が応援しているのだから

きっときっと凄いチームなのだから

だから一緒になって

メガフォンなんか振り回しちゃったりして

カープを応援しています


いつかカープが優勝して、あなたたちが大喜びで太田川に飛び込むのを

見るのを、心から楽しみに、



カープファンに愛を込めて       カープファン・ファン 築島 渉